読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡羊と遊ぶメランコリー――小説家志望・束木志埜のブログ

小説家を目指すわたくしのブログ。色々なことに関心を持ち、できる限りのことをしたく思います。小説・アニメ・漫画等々の感想や日々のこと、創作についても書いていきます。よろしくお願いします!

ブログを始めて一ヶ月、アクセス数や諸々について

ブログ運営
スポンサーリンク

 みなさん、初めまして。束木志埜と申します。

 当ブログ『亡羊と遊ぶメランコリー』は、本日平成29年2月11日(土)にて開設一ヶ月となります。これは果たして、祝と喜ぶべきなのか、悲報と嘆くべきなのか……わたくしにはどうにも判断しかねます。ともかく、この記事では開設から一ヶ月、特に何の工夫もしていない小説家志望のブログが、どの程度のものだったのかを知っていただこうという意図がございます。

 よろしければお付き合いくださいませ。

 さて、早速、結果の数字だけを申告しますと……

 

 一ヶ月の総アクセス数は2000に僅かに届きませんでした。

 うわっ……わたくしのアクセス数、少なすぎ……?

 ということで、細かい数字のお話や敗因については、後述していこうかと思います。

 

目次

 

敗因について

 さて、わたくしはあまりネット関係の知識がございません。また、こういう記事形式での文章を書いたこともあまりなく、その辺の経験のなさもこの低アクセスに原因しているのでございましょう。

 しかし、この低アクセスの理由は他にあると睨んでおります。

 わたくしのブログで最もアクセス数を稼いでいるのが、おそらく、とある漫画の感想記事です。つまり、感想記事には需要があるということです。

 ですが、わたくしのブログはあくまでも、わたくしが小説家を目指すという点に重きをおいております。ですから、賞に応募してみたり、落選作品を載せてみたり……と多くの方が需要の外においているモノを、むしろ重点的に扱っていると言えるでしょう。

 

 低アクセスの原因は、そこにございます。

 

 このブログの記事数は、この記事を含めて五十ございます。

 が、その半数以上(三十くらいです)は自作小説を切り貼りしたものです。ある意味においてのかさ増しですね。そして、このかさ増しが大半を占めるが故の低アクセス!

 

 毎日記事を更新してはおりますが、その実、それらはまったく需要を無視したモノばかり……記事数だけが多い典型です。

 もちろん、自身のブログですから、自分のしたいことを優先するのが最もだと思われます。

 正直、ネット小説をあげるのならば、『小説家になろう』を有効に使った方がまだマシです。ブログですと感想も来ませんしね(ブログ開設一ヶ月、未だに感想をいただいたことがございません。小説家になろうですと、少なくとも二つくらいは貰える時期です)

 

 そう、わたくしはブログだというのに、ブログに不向きな記事しか載せて来なかったのです。実質、ネット小説を除外したモノだけがわたくしの記事だということになりますが、それは質がかなり低い記事となっております。

 これは困った。

 

これからをどうしていくか

 しかし、わたくしは自身を曲げるつもりがございません。

 これからもネット小説をこのブログにあげていくつもりです。これからも永遠に、誰からの反応がなくとも……です。何故ならば、その方がわたくしにとって楽しいことだからです。

 書いたお話が落選してしまうことは、とてつもなく悲しい、寂しいことです。そして、そのお話を捨ててしまうことは、親が子を捨てるようなモノで、胸が張り裂けそうなくらいに痛むのです。

 その痛みを緩和することこそが、当ブログの現在のあり方です。ブログという形式を選んだのは、そちらの方がわたくしの功績に繋がるからです。小説家になろうは素晴らしい発表の場所ではありますが、そこでも成功も不成功も、ある程度小説家になろうというサイトの力に寄ります。それでは、わたくしは嫌でした。

 けれど、まあ、いつかは束木志埜として『小説家になろう』へ登録して、お話を発表する予定ではありますが……それはともかく。

 

 アクセス数を優先するのでしたらば、わたくしはこれから小説やアニメ、漫画の感想を第一としたブログ作りをしていくべきでしょう。当然、そちらも積極的に行っていくつもりではございますが。

 

 けれど、わたくしのブログを優先するのでしたらば、これからもネット小説を基準においた記事作りをしていくしかありません。

 

 わたくしは後者を選びます。

 理由は幾つかありますが、何よりも、そちらの方が継続しやすい……というのが最たる理由に挙げられますね。

 多く方が、わたくしのようにネット関連の知識を持たず、ある意味では無謀にもブログに挑戦しているかと思われます。そして、そういう方は最終的には、自身のブログのアクセス数等が伸びずに諦め、ブログ活動を中断してしまうと言います。

 

 それはあまりにも勿体ない。

 そうは思いませんか?

 

おわりに

 もしかすると、続けていけば何かがあるかもしれませんのに。

 それはブログとしての成功ではないかもしれません。何か、新しい価値観の入手であったり、新しい発見だったり……そういう世間一般の成功ではないかもしれません。しかし、自身にとってはかけがえのない成功かもしれませんよ。

 

 例えば、わたくしなんて個人的趣味で小説を書き始めた頃は、今よりももっと酷いものばかりを量産しておりました(今よりも酷いって、それはもう相当に酷いものです)。

 そのようなわたくしも、続けたから公募で一次通過ができるようになったのです。まあ、一次通過くらいは誰だってできるのですが……

 

 続けていなければ、わたくしは誰だってできることができませんでした。

 

 そして、わたくしが続けられたのは、小説を書くことが楽しかったから、です。書いていて辛いこともたくさんありますし、ある程度マシになってきた昨今では、一文字毎に自身の才のなさに死にたくなりますが、それでも結局書くことが楽しいのです。

 

 ですから、ブログでも、自身の目的を第一に置いた方が成功に近付きやすくなります。

 別に、ブログの第一目的が「アクセス数アップ」でしたら、需要のあるモノを追っていく方がよろしかろうと思われます。自身の目的を明確におくこと。

 これが大事なことだからです。

 

 ただし、わたくしの目的はアクセス数アップとはやや向きを違えていますので、これからも低迷期は長く続くことでしょう。それは少々寂しく、辛いことではありますが、まあ、仕方の無いことです。

 何よりも、一ヶ月くらいで成功できる人なんて、真の天才くらいなのですから。一ヶ月ですべてを決められるほど、物事は単純ではありません。長い目で見ないといけませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク